映画評論・レビュー 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/11/16 08:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
佐藤秀さん
  • 情報提供生きてるだけで、愛。〜ある意味二世物語 佐藤秀の徒然幻視録佐藤秀さんのプロフィール
  • 公式サイト。本谷有希子原作、関根光才監督。趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重豊、石橋静河、織田梨沙、仲里依紗。主演の趣里は水谷豊、伊藤蘭夫妻の娘さん。石橋静河は石橋凌、原田美枝子夫妻の娘さん。もうそんな時代なんだ。また二世タレントがうまいから困る。続きを読む

2位
K2さん
  • 情報提供ボヘミアンラプソディ 青の傭兵K2さんのプロフィール
  • 1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし

3位
くうさん
4位 hiropooさん
  • 情報提供ボヘミアン・ラプソディ 伝説のhiropoo映画日記hiropooさんのプロフィール
  •                        2018・米     ★★★☆☆(3.9)                監督:ブライアン・シンガー出演:ラミ・マレック  ルーシー・ボーイントン  グウィリム・リー  ベン・ハーディ                                         「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバン
5位 hiropooさん
6位 りばーさいどさん
  • 情報提供キングスマン:ゴールデン・サークル(17英) 映画短感 Riverside Theaterりばーさいどさんのプロフィール
  • マシュー・ヴォーン監督に続編を作る予定があったのかどうか?興行成績次第とは語っていたけれど、ここまで当たるとはね。とにかく前作はエグジーを演じたタロン・エガートンよりコリン・ファースのエリート・スパイぶりが受けていたわけで、何とか復活させねば…というところが苦労した部分でしょう。無理のある設定ではあるけれど、リアルを求める作品ではありませんから、ある意味何でもありの生き返りで無事再登場を果たしています。それ
7位 佐藤秀さん
8位 アガサさん
  • 情報提供『スマホを落としただけなのに』 すきなものだけでいいですアガサさんのプロフィール
  • 「くる〜 きっとくる〜」 から20年・・・ 新たな三白眼をひっさげて、ついにオレたちの中田秀夫監督が帰ってきたぞい・・・!!あらすじ・・・彼氏がタクシーにスマホを忘れたせいで殺人鬼に狙われます。・ 現代人の分身ともいえるスマートフォン。 市場に出回ってからわずか20年足らずしか経っていないにも関わらず、今では子どもからお年寄りまでまんべんなく普及している生活必需品。 便利さと引き換えに個人情報を明
9位 のほうずさん
10位 あのまりさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 映画時光さん
12位 匿名希望さん
  • 情報提供精神バランス『オープニングナイト』と『それでも愛してる』 生きるしかないよね匿名希望さんのプロフィール
  • こちらどうぞ  ジョン・カサヴェテス監督。公演を終えて大勢のファンに囲まれるマートル(ジーナ・ローランズ)だが、17才のナンシーという女の子が「アイ・ラヴ・ユー」と駆け寄って来た。熱狂的なファンだと思い抱きしめるマートル。車に乗った後も追って来るナンシーだが対向車に跳ね飛ばされる彼女をマートルは目撃する。動揺したマートルはホテルで酒を飲み舞台監督のマニー(ベン・ギャザラ)に電話をする。『セカンド・
13位 匿名希望さん
  • 情報提供おしゃべりク〇野郎 生きるしかないよね匿名希望さんのプロフィール
  • 先日実家に行った時。近所に灯油の配達に来ていたガソリンスタンドのオヤジに見つかってしまった。嫌な予感がしたけど・・・とにかく“男のお喋り”なのだ。しかもお客さんの個人情報を喋る傾向があって。本人はまったく悪気がないみたいだけど(笑)「ああ来とらしゃったですかぁ!^^」配達の軽トラックから声をかけられる。「・・・どうも。」←渋々「お宅のように(ここの近くではないけど)福岡から誰も住んでない実家を“管
14位 シネマパラダイスさん
  • 情報提供伝説の歌姫、苦渋の人生「バルバラ セーヌの黒いバラ」 わくわく CINEMA PARADISE 映画評論家・高澤瑛一のシシネマパラダイスさんのプロフィール
  •  フランスの俳優で監督のマチュー・アマルリックがメガホンをとり、出演も兼ねた「バルバラ セーヌの黒いバラ」(11月16日公開)は、伝説の歌姫バルバラ(1930〜1997)の実像に迫った異色作です。「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したバルバラ。彼女はユダヤ人として生まれ、少女時代にはナチスの占領下で迫害を受けた。そして両親との葛藤、特に「黒いワシ」に秘
15位 匿名希望さん
  • 情報提供生きる『127時間』と『LIFE!』 生きるしかないよね匿名希望さんのプロフィール
  • こちらどうぞ  ダニー・ボイル監督。登山家アーロン・リー・ラルストンの自伝『奇跡の6日間』が原作。2003年4月25日(金)夜。誰にも行き先を知らせずにアーロン(ジェームズ・フランコ)はユタ州のキャニオンランズ国立公園に出かける。翌日2人の女性を秘密の場所に道案内して楽しい時間を過ごし別れた。しかし1人になると岩が落下して右手が岩と壁の間に挟まれてしまった。アーロンはまったく身動きが取れず、誰かが助けに来
16位 ワタナベきうじさん
  • 情報提供「ボヘミアンラプソディ」 音楽が伝えるもの 走ることについて語るときに僕の書くブログワタナベきうじさんのプロフィール
  • う 伝説のバンド「クイーン」のボーカリスト、フレディマーキュリーを中心にバンドの成り上がりとその後のフレディの出自や性的指向などからくる孤独を描いた作品。 音楽に彼らの音楽が32曲もフューチャー。音楽総指揮にメンバーのブライアンメイ、ロジャーテイラーが名を連ねております。 自分はクイーンの普通のファンです。楽曲の細部までは突き詰めてません。たとえば、「シアハートアタック」のボーカルはロジャーだとさっき
17位 のほうずさん
18位 にしかわやすえさん
19位 Shygonさん
20位 his0809さん
21位 moviemater205さん
  • 情報提供『アンクル・ドリュー』 MOVIEMATE 映画 劇場 新作 Netflix 感想ブログmoviemater205さんのプロフィール
  • 『アンクル・ドリュー』はストレートで、正統派のアメリカン・コメディでした。なにも新しいことをやっているわけじゃない。相当ベタですよね。だからこそ安心感がハンパない。奇に衒わないので、ハラハラしなくて済むし、何も心配はないwお約束の積み重ねで構築されたストーリーなので、その先がどうなるのか分かる。どうなるのか分かっているのに、素直に笑って、感動してしまった。この映画はどう考えても面白い。そんなの観る
22位 HOSHI SEIJIさん
  • 情報提供心拍数 HOSHI SEIJIHOSHI SEIJIさんのプロフィール
  • 最近、健康診断をする機会があって、そこで、脈拍と血圧を測定するんだけど、せいじその測定の時緊張するようになっちゃってて。もうね、その機械を見ただけで心臓の音がドックンドックン聞こえてくるの(´Д` )一般の人だと心拍数は60~70ぐらいで、運動してたりして、心肺機能高い人だと、平常時40ぐらいの人もいるんだって。それで、一応99以下が正常値の範囲なんだけど、せいじ、120とか出ちゃう感じなのね。なんかさあ、もうこ
23位 ただの映画好き。さん
  • 情報提供負け犬の美学(2017年) ただの映画好き。ただの映画好き。さんのプロフィール
  • 作品情報⇒https://movie.walkerplus.com/mv65682/ 以下、上記リンクよりストーリーのコピペです。 =====ここから。 40代半ばを迎え、盛りを過ぎた中年ボクサーのスティーブ(マチュー・カソヴィッツ)は、たまに声のかかる試合とバイトで家族をなんとか養っていた。 しかし、ピアノを習ってパリの学校に行きたいという娘の夢を叶えるため、誰もが敬遠する欧州チャンピオン、タレク(ソレイマヌ・ムバイエ)のスパーリング
24位 ピクシーン(映画ランキング・皆の評価)さん
25位 ふつうの映画感さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 ろんぐさん
  • 情報提供「獣になれない私たち」第6回感想 感想亭備忘録ろんぐさんのプロフィール
  • あれ?今回はそんなにつまらなくなかったぞ? なんだかんだ言って登場人物たちがどうなっていくのか気になってしまっているのかもしれません。今回はそれなりに物語が進んだので不満がたまらなかったのかも。いや、京谷(田中圭)が嫌いなだけなのかも(笑) 今回は京谷の話はほとんど出てきませんでしたからね。気になるのはどうしても晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)なんです。二人がくっつくとかくっつかないとかではなく、
27位 myprivatecomedyさん
28位 moviemater205さん
  • 情報提供Netflixオリジナル 『シャドー・オブ・ナイト』 MOVIEMATE 映画 劇場 新作 Netflix 感想ブログmoviemater205さんのプロフィール
  • 『ザ・レイド』以来アクション映画のジャンルに新しい風穴を開けてくれたのがインドネシア。このジャンルを圧倒的にリードして盛り上げているのは、もはやハリウッドでも香港でもなくインドネシアなんじゃないの?!そんな確信にも近い気持ちにさせてくれるのが、Netflixの新作映画『シャドー・オブ・ナイト』だったりします。とにかく元気。元気すぎて困るwアクション映画の未来は明るいなコリャと嬉しくなって仕方ない。主人公
29位 isakoさん
  • 情報提供羽生結弦ロシア到着・追加 女王様のpetit diaryisakoさんのプロフィール
  • ロステレコム杯始まる男子SP滑走順第1GP1ラズキン3ドミトリエフ4ブレンダン・ケリー6マヨロフ第2GP7クラスノジョン8友野一希9キーガン・メッシング11コリャダ12羽生結弦Olympic ChannelMen’s short program practice prior to the kickoff of the big competition. The draw is already decided for the order in which they will compete. Who will you cheer for? ?🤗#RostelecomCup #FigureSkating #GPFigure pic.twit
30位 はやともさん
  • 情報提供桜田大臣 隼朋のからくち日記はやともさんのプロフィール
  • パソコンに触ったこともなくUSBメモリが何かも知らないものが、サイバーセキュリティ担当大臣だなんて気がくるってるよ。専門家じゃなくても、仕切ればいいという理屈は一理はあるような気がしないでもないが、詳しい人のほうがいいに決まってる。一度でも、フェースブックで、乗っ取られたり暗証番号の煩雑さを知っていたりしないとそりゃあ無理だろう。二人とも、大臣と視点も資質以前にこんな人間が国会議員だなんてどうかして
31位 Yoshiさん
  • 情報提供November 9-11 2018, Weekend FILM PLANET blogYoshiさんのプロフィール
  • ◆11月第2週公開映画BUZZフロントランナー “The Front Runner” 配給:コロンビア 監督:ジェイソン・ライトマン Budget:- Weekend Box Office:$51,543(4) OSCAR PLANET Score:61.2 Oscar Potential:作品賞、監督賞、脚色賞           主演男優賞:ヒュー・ジャックマン           助演男優賞:J・K・シモンズ           助演女優賞:ヴェラ・ファーミガ           
32位 宵乃さん
33位 シネマ感覚思考さん
34位 BLRPNさん
  • 情報提供ボヘミアン・ラプソディ ブログデンティティーBLRPNさんのプロフィール
  • 先週、アメリカで中間選挙があったので、その前日にマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画『華氏119』を観に行きました。ムーア監督は反トランプ大統領で、当然この映画もトランプ政権を批判する内容です。監督は「この映画が公開されれば、トランプ王国は必ず崩壊する」と明言しており、さぞや衝撃的な内容で、中間選挙にも大きな影響を与えそうだと興味津々で観に行ったのですが、ご存知の通り中間選挙の結果は共和党が下
35位 森野一雨さん
36位 makiさん
  • 情報提供ドリームスケープ いやいやえんmakiさんのプロフィール
  • 【概略】人間の夢の中に侵入せよ、そして悪夢の根源を断ち切れ。超能力を持つ青年アレックスは、とある研究所が行うプロジェクトに参加することになった。そのプロジェクトとは、悪夢に悩まされる人の夢に入り込み、原因を探り悪夢の根源を絶つというものだった。ところが、プロジェクトの裏には政府高官による大統領暗殺計画が隠されており…。SF.0★★★☆☆1984年の作品です。他人の夢の中へ入り込める超能力をもつアレックスが
37位 くうさん
  • 情報提供『華氏 119』アメリカンドリームは終わった 映画@見取り八段くうさんのプロフィール
  • 目次華氏 119作品情報監督・キャスト日本公開日レビュータイトル「華氏 119」の意味前1/5弱はトランプ大悪口大会アメリカの選挙の仕組み民主党上げ映画でもなくオバマも……フロリダ州高校銃乱射事件後の銃規制運動ヒトラーとトランプの親和性描写が恐い参加することだ華氏 119原題 : 〜 Fahrenheit 11/9 〜作品情報監督・キャスト監督: マイケル・ムーア キャスト: マイケル・ムーア、ドナルド・トランプ日本公開日公開: 2018
38位 ひかりびっとさん
  • 情報提供「外道の歌」3-5巻 ひかりびっとのブログひかりびっとさんのプロフィール
  • 外道の歌(3) (ヤングキングコミックス) Amazon 最悪の事態が起こってしまったことに悲しみを禁じ得ない...(涙) 外道の歌(4) (ヤングキングコミックス) Amazon 朝食会のメンバー2人に壮絶な過去が。「ただこの世から消えてくれればいい」というカモのセリフはありとあらゆる極悪な犯罪を犯した前科者連中に聞かせてやりたい。 外道の歌(5) (ヤングキングコミックス) Amazon 敢えて生かしてあげて永遠に消え去ることがないトラ
39位 はやともさん
  • 情報提供通勤電車 隼朋のからくち日記はやともさんのプロフィール
  • 座っていたらおっさんが、こちとらの、ひじにお尻をぶつけて座ってきた。わざとだ。前のおっさんは、はなを掘っている。はじっこに座ったら、もたれかかってくる。やっと最寄り駅まで帰ってきた。エレベータに乗ったらタブレットを、顔の前でやっるやつがいる。田舎者は国へ帰れ。世間に出てこなくてよい。母親の子宮から出てこなくてよい。ロクでもない母親はその母親がろくでもないんだろう。
40位 k-k-kentaroさん
  • 情報提供ちさとのCDを聴いた。 じゃんご 〜許されざるおっさんの戯言ブログ〜k-k-kentaroさんのプロフィール
  • 先週の日曜日(11月11日)、大館のシンガーソングライターちさとのCDが届きました!クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でCD制作資金集めに一口乗ったので、CDだけではなく、オフショット写真とサイン入りのお礼状が付いています。阿仁のごっつおまつりで購入した特製ピックとポストカードと併せて、ちさとプレミアBOXとして大切に保管しておきます。それで肝心のCDには、「道」「わかってるよ」「ねえ、先生」の3曲が収
41位 匿名希望さん
42位 ばるたん(V)o¥o(V)さん
43位 Blog of 俺 by 俺 for 俺さん
  • 情報提供歌を聴いて涙が出る『ボヘミアン・ラプソディ』 Blog of 俺 by 俺 for 俺Blog of 俺 by 俺 for 俺さんのプロフィール
  • ああああ、、、いい映画だった。。。バンド結成から1985年のライヴエイド・パフォーマンスまでを描いたクイーンの伝記的な映画だけど、もはや映画というより、半分はライブビューイングみたいな感じだったな。・人の歌を聴いて泣いたのはこれで2回目だろうか。思わず涙が出るぐらい歌がよくて、そしてその前後にある物語が、さらに歌をよくしていたと思う。これはIMAXやDolby-ATMOSなど音響がよい劇場で見るべき(それ以外は邪道)
44位 makiさん
  • 情報提供ボヘミアン・ラプソディ いやいやえんmakiさんのプロフィール
  • 【概略】1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、ボーカルが脱退したというブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦し
45位 Oさん
  • 情報提供ボヘミアン・ラプソディ プロデューサーOの独り言Oさんのプロフィール
  • 漢字二文字で済みます。号泣。色々と言いたい事はありますが、フレディ先生にただ平伏すのみ。1985年のあの日を思い出す人、1985年までを思い出す人、1985年からの30年を思い出す人、声だけで10万人近い人を動かすことに驚く人、全ての人をフレディ先生がレ〜〜〜〜オで泣かす、動かす、鳥肌を立たせる。ただただひれ伏すのみ。
46位 よっちゃんさん
  • 情報提供fileNo1656【オズランド 笑顔の魔法教えます。】 よっちゃんの“映画なヤロー”よっちゃんさんのプロフィール
  • 観た日:2018年11月4日観た場所:TOHOシネマズ日比谷 期待度:★★★満足度:★★★★お薦度:★★★★ 小森陽一の「オズの世界」を映画化したお仕事エンタテインメント。 彼氏も務めている憧れの超一流ホテルチェーンに就職したものの、熊本の系列遊園地に配属されてしまった新入社員のヒロインが、カリスマ上司や仲間たちに助けられながら、当初は小バカにしていた仕事に少しずつやりがいを見出しやがて職場のリーダー的存在に
47位 佐藤秀さん
  • 情報提供旅猫リポート〜猫よりアリス 佐藤秀の徒然幻視録佐藤秀さんのプロフィール
  • 公式サイト。有川浩原作、三木康一郎監督。福士蒼汰、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉、田口翔大、二宮慶多、中村靖日、戸田菜穂、橋本じゅん、木村多江、田中壮太郎、笛木優子、竹内結子、(声)高畑充希、沢城みゆき、前野智昭。観る目的は広瀬アリスちゃん。続きを読む
48位 ピクシーン(映画ランキング・皆の評価)さん
  • 情報提供『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2018年)/ネタバレ感想/あらすじ/57点 映画ランキング/皆の評価/ネタバレ結末 ピクシーンピクシーン(映画ランキング・皆の評価)さんのプロフィール
  • ニコラス・ケイジが愛する妻を殺され復讐に燃える男を演じ、バイオレンス描写たっぷりに描いたリベンジスリラー。ある過去を抱えた男レッドは、愛する妻マンディと人里離れた場所で静かに暮らしていた。しかし、マンディに固執するカルト的な集団の凶行により、レッドの前でマンディが惨殺されてしまう。怒り狂ったレッドはオリジナルの武器を作り復讐を誓うが、マンディを死に追いやったカルト集団の雇う謎のバイク軍団が、レッド
49位 mariyonさん
50位 ぽつお番長さん
更新時刻:18/11/16 08:30現在