おすすめ映画 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/26 12:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
hirihiri1962のブログさん
  • 情報提供映画のトリビア・ウラ話『シャイニング』『レオン』その他 hirihiri1962のブログhirihiri1962のブログさんのプロフィール
  • いらっしやいませ♪久しぶりの更新です。 皆さんいかがお過ごしですか? 今回は映画のトリビアや裏話などを 時には脱線しながら、様々なエピソードを交えて、 お喋りしたいと思います。 シャイニング ランボー ロッキー4/炎の友情 レオン フィフス・エレメント これらの映画のトリビアを紹介します。 アメブロでお待ちしています。 今夜はブギ―ナイト  jully

2位
うさぎくんさん
  • 情報提供『セイフ ヘイブン』映画鑑賞 うさぎくんのお薦め映画ブログうさぎくんさんのプロフィール
  • にほんブログ村『セイフ ヘイヴン』映画鑑賞。冒頭、主人公の女性がただならぬ状態で家を飛び出していく。近所の家に寄った後、すぐさま長距離バスターミナルに向かい、パーカーのフードを被り顔や髪を隠し、アトランタ行の長距離バスに乗る。刑事が女性を必死に追いかけるが、逃げられ行方はわからない。いったい女性に何が起こったのか、あるいは女性は何をしたのか、なぜ刑事に追われているのか?で我々には何もわからないまま

3位
八十日目さん
  • 情報提供385「ダラス・バイヤーズ・クラブ」→治療薬を求めて 映画横丁758番地八十日目さんのプロフィール
  • エイズ患者役を演じたマシュー・マコノヒーの激ヤセぶりにまず驚嘆させられます。この病気はコケコケに痩せるのが特徴で、そういえば同じ病を得た二枚目スター/ロック・ハドソンも、晩年は、往時の颯爽ぶりが信じられないほど見る影もなくコケコケに痩せていましたっけ。そして、このハドソンのことも、また当時はこの病気が同性愛によるものと信じられていたことも、本作中でセリフになって紹介されていました。さて、タイトル「
4位 ラムさんさん
  • 情報提供ナミヤ雑貨店の奇蹟 ラムさんの映画レビューラムさんさんのプロフィール
  • 東野圭氏の人気小説の映画化ですから否が応にも期待してしまいますが、それに見合う出来だったと思います。 ある雑貨屋の亭主が始めた悩み相談がきっかけで広がるタイムパラドックスを上手く表現してあり、登場主要人物が何かしらの縁で繋がっている不思議を卒なく結び付けられている所にどんどん引き込まれて行きます。 西田敏行氏が扮する波矢雄治の余命幾許もないのに、人の役に自分は本当に立てたのかという思いで1日だけ相談
5位 ましゅましゅさん
  • 情報提供帝一の國 気ままに映画くらぶましゅましゅさんのプロフィール
  • 別の映画を観に行った際に予告編で知り、興味を持って観に行きました。菅田将暉さん扮する帝一がとても印象的で、原作は知らないまま観たのですが、本人も「この役は自分が演じるためにあるんじゃないかと感じていた」とフライヤーのインタビューにありましたが、風貌や動作含めてすごく適役じゃないかなと個人的に思いました。他にも、野村周平さん、竹内涼真さん、間宮祥太郎さん、志尊淳さん、千葉雄大さんと若手のイケメン俳優
6位 たまみさん
  • 情報提供少女椿 たまみの映画の感想ブログたまみさんのプロフィール
  • 丸尾末広原作の少女椿が映画化すると聞いて衝撃が走りました。あれを映画化ってどう表現するんだろうって感じでした。 原作ファンということもあり構えて観たのですが、個人的にはアリだと思いました。 少女椿の世界観に頑張って寄せていたと思います。みどりちゃん役の中村里砂さんとカナブン役の武留くんははまり役だったと思います。中村里砂さんは中村雅俊さんの娘さんでモデルをやっておられるのですが、お人形みたいなお顔
7位 ラムさんさん
  • 情報提供ペット ラムさんの映画レビューラムさんさんのプロフィール
  • 見た目にカワイイ動物の話だと油断していると、いい意味で裏切られる映画ですね。基本は、シュールであり人間の本質を表現している難しいストーリー性もあるので大人向きが強いかも知れません。しかし、愛くるしい動物達の思考をここまで表現出来ているのは嬉しい内容でもあります。「普段はこんな事考えているんだ?」想像力も膨らむし、改めて家族として迎え入れる姿勢を持たなければいけない気持にもなれます。中でも、主人公
更新時刻:18/02/26 12:30現在