chevron_left

「映画」カテゴリーを選択しなおす

cancel

映画の名作

THEME help
映画の名作
テーマ名
映画の名作
テーマの詳細
新旧問わず「これは名作だ」という映画に出会えたらぜひトラックバックして下さい。
テーマ投稿数
386件
参加メンバー
21人
管理人
ichi-ka管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「映画の名作」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「映画の名作 映画ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

映画の名作の記事

1件〜100件

  • チャップリンのすべて・淀川長治の証言/毎日新聞社/私の本棚/感想・レビュー・想い出
    2022/06/18 09:56
    チャップリンのすべて・淀川長治の証言/毎日新聞社/私の本棚/感想・レビュー・想い出

    今週のお題「本棚の中身」 少し前に本棚を断捨離して、大きなダンボール箱に4箱ほど古本屋に送りました。 今残っている本は、どうしても手離せないという本と新しく購入した本でしょうか。 1番上の棚には、かつてお世話になった童話作家の先生のサインが入った本が何冊かと、高校生の頃に出会った古い自己啓発の本が2冊、安房直子さんの童話全集、家族から貰った本、自分の童話の本(自費出版ではなく)が少し、チャップリンの本、老子など・・・が鎮座していて、たぶんこれは今後も手放すことはないでしょう。 チャップリンの本は毎日新聞社から出した毎日ムックという雑誌で、平成10年に発行された『チャップリンのすべて』という特集…

  • クロス・ロード・1986年
    2022/06/13 16:46
    クロス・ロード・1986年

     本作は一度見たら決して忘れられないような映画。 R&B(リズム・アンド・ブルース)で、とてもロックな映画w。 とは言っても「ミュージカル」ではありません。  本作はあのウォルター・ヒル監督の作品です。 隠れた名作と言っていいかも知れません。 音楽の英

  • アニマル・ハウス・1978年
    2022/04/20 23:30
    アニマル・ハウス・1978年

    題名のアニマル・ハウスというのは本作の大学のクラブにつけられた通称だ。 「クラブ」というのは時には寄宿寮であったりもする。 単純に学生仲間、「グループ」としてもいい。 アメリカの大学というのは日本とは違っていて、とても厳しくて実務的だ。 即戦力を養成する

  • わらの犬・1971年
    2022/04/01 21:51
    わらの犬・1971年

    妻がレイプされる。 田舎の狭い共同体に入り込んだ迂闊な新参者夫婦が、追い詰められた末の出来事だった。 それはちょっとしたキッカケからに過ぎなかった。 移住した先で現地の男たちにレイプされ、陵辱される。弱かった夫は妻を守れない。 まるで狩りをされる子鹿が自

  • バリー・シール/アメリカをはめた男・2017年
    2022/03/19 19:30
    バリー・シール/アメリカをはめた男・2017年

     本作を観ると、トムクルーズの才能につくづく感服せざるを得ない。 失礼ながらちゃんとやれる人なんだと、この映画を観たときには思ったものだ。 本作がテーマとしているであろう、人間が狂気というほどに置かれた状況にのめり込んでゆくこと、その演技は特筆ものだ。 

  • キャノンボール・1981年
    2022/01/19 22:30
    キャノンボール・1981年

     クルマでレースを行動でやるという発想は実はこの映画が初めてではない。 これより以前、マイナーだがそんな映画があった。 『激走!5000キロ』(原題: THE GUMBALL RALLY)という1976年制作の映画の方が先だ。 スタイリッシュな筋立てで、登場する各キャラがよく立ってい

  • 今まで知らなかったこと
    2022/01/17 19:05
    今まで知らなかったこと

    先日スーさんと話していたら、何かの流れで歩数の話になって、彼は「二万ぱ」と言いました。  「ぱ?」^^  俺はご先祖さま デジタルリマスター版 スペシャルプラ…

  • ホームアローン・1991年
    2022/01/06 01:25
    ホームアローン・1991年

     新年明けましておめでとうございます。 口下手な言い方ではありますが、昨年中のお礼を申し上げたい。今年もよろしくどうぞ。 さて、この映画もまた金字塔というもの。クリスマス映画の代表作となりました。 そして映画は新年を迎えます。 この手のタイプを「留守番映

  • すみっコぐらし 映画≪青い月夜のまほうのコ≫感想・レビュー
    2021/12/30 12:01
    すみっコぐらし 映画≪青い月夜のまほうのコ≫感想・レビュー

    とある秋の日、キャンプに出かけていったすみっコたち。 すみっ湖で楽しい時間が過ぎて夜が更けいていくと、夜空にはいつもより大きなブルー・ムーンが輝いていました。 すると、ぺんぎん?が、ある伝説を思い出します。 それは・・・・ 5年に1度おとずれる、青い大満月の夜。 魔法使いたちが町にやってきて、夢を叶えてくれる というもの。 その伝説のとおりに、わん、つう、すりー、ふぉー、ふぁいぶという5人の魔法使いが魔法の船に乗って月からやってきます。 わんが、しっかり者のリーダーの魔法使い。 つうが、頭が良くて物知りの魔法使い。 すりーが、いたずらっこですばしこい魔法使い。 ふぉーが、くいしんぼうで力持ちの…

  • ゴーストバスターズ・1984年
    2021/12/23 23:23
    ゴーストバスターズ・1984年

     映画とテーマ曲、そしてロゴ、それら総合したイメージ造り。 プロモーションということを強く意識した作品が本作だったと言える。 本作は封切り前からレイパーカー・ジュニアのテーマ曲がMTVで流され大ヒット。大いに映画への興味を煽ったものだ。 軽快な曲のヒットもさ

  • inkrichホームページ無料作成ならインクリッチ あなたのビジネスに信頼と安心を提供いたします
  • コーマ・1978年
    2021/12/20 21:34
    コーマ・1978年

    コーマとは「こん睡状態」のことだ。 最近はよく映画でもそんな言葉が使われる気がする。 「unconscious(意識不明)」という言いの方が昔は普通だったような気がするのだが。  本作は最近の医療界や昨今の医療を取り巻く信頼感の喪失を考えるとまるで笑えない映画かも知

  • ビバリーヒルズ・コップ・1984年
    2021/12/19 00:09
    ビバリーヒルズ・コップ・1984年

     本作はエディ・マーフィーが飛躍した出世作と言っていい。 それまでは彼はスタンダップ・コメディアンでしかなかった。 本作のヒットでエディ・マーフィーは世界にその名を轟かせた。  本作品全体に漂う躍動感、そのリズム感は特筆ものだと言える。 エディ自身のトー

  • ゴジラVSコング/日米の2大怪獣が激突。敵の敵は味方、お前もなかなかやるな。
    2021/12/12 11:17
    ゴジラVSコング/日米の2大怪獣が激突。敵の敵は味方、お前もなかなかやるな。

    ゴジラVSコングにトランスフォーマー参戦。そしてケンカした後は友情が芽生える。

  • バグダットカフェ・1987年
    2021/12/01 17:44
    バグダットカフェ・1987年

     給水塔。 その映画ポスターのイメージは強く印象に残った記憶がある。 ロマンチックでファンタジーな、ギスギスした日常に疲れた大人には癒される映画だと思う。 テーマ曲もぴったりだ。 放浪の果て、という訳でもないが、ふらりと立ち寄った廃墟のようなモーテル。 

  • search サーチ/斬新なアイデア一発勝負。内容もおもしろいが、キーボードの音も心地良い。
    2021/11/29 19:25
    search サーチ/斬新なアイデア一発勝負。内容もおもしろいが、キーボードの音も心地良い。

    娘のSNSは覗いちゃだめよ。物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。

  • ジャングル・クルーズ/車から船に乗り換えたドウェイン・ジョンソン。危険なジャングルもワイルドスピードで乗り越えるのか。
    2021/11/27 21:37
  • 34丁目の奇跡 ヴァレンタイン・/感想・レビュー
    2021/11/26 11:53
    34丁目の奇跡 ヴァレンタイン・/感想・レビュー

    ここ五十年ほど、クリスマスのことでは頭を痛めてきたんですよ。 人間は、人を出し抜くことばかり考えている。 もっと早く、もっとかっこよく、もっと楽に。そういうことで頭がいっぱいだ。 おかげで、クリスマスもわたしも、どんどん影が薄くなり・・・ クリスマスはカレンダーの日付とは別のものです。 クリスマスは〈心〉ですよ。 と彼、この物語の主人公のクリス・クリングルが言います。 クリス・クリングルという老人は、白いひげに赤い頬、立派な胴まわり、と外見がサンタクロースにそっくりな上に、このクリス・クリングルという名前はサンタクロースの別名なのです。 今はメイプルウッド老人ホームで暮らしているのですが、その…

  • おろち/楳図かずおの伝説的傑作ホラーを実写映画化!!
    2021/11/07 18:24
    おろち/楳図かずおの伝説的傑作ホラーを実写映画化!!

    途中のくだりは他のエピソードをMIXしているようなのですが、うまくまとめたな~と思います。木村佳乃さんも中越典子さんも女の情念的なものを旨く表現しています。

  • 007/ロシアより愛をこめて「007」シリーズの第2作。ネタバレ感想など。
    2021/11/05 18:44
    007/ロシアより愛をこめて「007」シリーズの第2作。ネタバレ感想など。

    ブロフェルド初登場。トレードマークの白い猫ちゃんもかわいい。これぞ元祖 悪の組織の首領。

  • 007/007は殺しの番号。スパイアクションの金字塔「007」シリーズの第1作。ネタバレ感想など。
    2021/11/02 18:51
    007/007は殺しの番号。スパイアクションの金字塔「007」シリーズの第1作。ネタバレ感想など。

    おなじみのガンバレルシーン(オープニング)がピコピコ音と共に始まります。やはりボンドの宿敵は悪の秘密結社:スペクター。

  • ピンクパンサー・1963年
    2021/10/20 22:15
    ピンクパンサー・1963年

     本作も間違いなく金字塔となった映画だろう。 これほどオープニングが目立つ映画も他にあまりないのではないか。 スピンアウトし、単体でアニメ作品が作られるほどのヒットキャラクターとなった。 本作は大人のコメディということがコンセプトではあったから、本作には

  • 鬼滅の刃 無限列車編にゃ。
    2021/10/02 09:35
    鬼滅の刃 無限列車編にゃ。

    映画「鬼滅の刃 無限列車編」を見た! 以下、ネタバレ注意です! 映画館でも見た鬼滅の刃 無限列車編が、 ついに地上波で放送とのことで、 心して見ました!! 1回目はまさか煉獄さんが死ぬとは思わず、 びっくりしているうちに映画が終わってしまったので、 今回は心して見ました(笑) 大変良い映画でした!! 大好きな善逸くんのイラストを描きました! 鬼滅の刃では善逸くんが好きです♪ カッコいいところを描...

  • ポリス・アカデミー
    2021/09/30 23:30
    ポリス・アカデミー

     この映画は全米で大ヒットとなった。 シリーズ化もされ、長くヒットを飛ばした作品だ。 日本でもヒットしたが、少し違和感を持って迎えられた部分はあったろう。 それはあまりにもこの警官養成学校がメチャクチャだからだ(笑)。 笑えはするがちょっとこれはないんじ

  • HERO/木村拓哉のカッコよさと豪華キャスト陣に驚愕
    2021/09/30 16:26
    HERO/木村拓哉のカッコよさと豪華キャスト陣に驚愕

    この傷害事件・・・松さんパパ(敏腕弁護士)が担当してんの?

  • 【この夏、お勧め!】 ショート・サーキット
    2021/09/16 04:04
    【この夏、お勧め!】 ショート・サーキット

     今現在、本作「ショート・サーキット」は、GYAOというヤフーのサービスで見れるようになっている。 ヤフージャパンのサービスであるGyaoで2021年8月31日(火) 23:59まで無料配信がされているのでご紹介する。 以前にも紹介したことがあるが、基本的には会員登録ナシでも利

  • トガニ 幼き瞳の告発/洗濯機で頭ごと洗うと、髪はどうなるのか!?簡単なあらすじ・感想ネタバレあり
    2021/09/09 18:22
    トガニ 幼き瞳の告発/洗濯機で頭ごと洗うと、髪はどうなるのか!?簡単なあらすじ・感想ネタバレあり

    んーこうやって書いてる途中でも、 ちょっと泣けてくると言いますか・・・悔しくてやりきれないと言いますか・・・

  • チェイサー/容赦ない残酷描写に脱帽 ネタバレあり感想
    2021/09/06 20:15
    チェイサー/容赦ない残酷描写に脱帽 ネタバレあり感想

    いや~エグかったです。何の救いもない物語。とにかく警察がダメ過ぎてイライラします。興味のある方は鑑賞してみて下さい。ザッツ韓国映画!!

  • キャリー・1976年
    2021/09/03 21:48
    キャリー・1976年

    またもやスティーブン・キング原作作品を取り上げてみたい。 これもまたホラー映画史に残る金字塔を築いた作品であり、多くの作品にインスパイアされている作品だ。 誰でも、少なからず本作の系譜を継いだ多くのホラー作品を挙げることができるだろう。 主人公の少女が晴

  • ミッドサマー/恐怖の祝祭 ネタバレあらすじ感想など
    2021/09/02 12:45
    ミッドサマー/恐怖の祝祭 ネタバレあらすじ感想など

    とにかく得体のしれない恐怖がじわじわ~っと来ると思いきや・・・いきなり人が死んだりする映画です。

  • ダラスの暑い日
    2021/08/28 23:29
    ダラスの暑い日

    いわずと知れたジョン・F・ケネディ暗殺事件を扱った映画だ。 今でも多くの傷をアメリカ人の心に残している事件と言われている。 国民が国を作り、国民が参加するアメリカという政治が、一部の勢力によって実は牛耳られているのだとしたらそれは絶望しかないからだ。 この

  • トワイライト・ゾーン
    2021/08/28 23:29
    トワイライト・ゾーン

     今、「オムニバス映画だ」と言われて、面白いかもしれないとワクワクしたり期待するという向きは少ないと思う。 本作品は「オムニバス映画」だ。 この印象派昔は違ったかも知れない。 「オムニバス」は、バラエティ溢れる塊だ。 それはまるで「幕の内弁当」のようなも

  • ラン・ローラ・ラン
    2021/08/27 21:02
    ラン・ローラ・ラン

     本作は当ブログにしたら少し新しい作品かも知れない。 ただ女が走る映画と言ったら表面的過ぎる。 しかしただ彼氏を助ける目的のために女が走った。この女は「少女」というわけではない。 なんだか必死で、追い込まれた絶望スレスレという感じがよく出ている。 きっと

  • グリーンインフェルノ/目を背けずにはいられない!ホラー界のカリスマ、イーライ・ロスが放つカニバルホラー。ラストネタバレあり感想
    2021/08/26 16:56
  • DMM動画/新作映画やドラマをはじめ、アニメやお笑いなど様々なジャンルの動画で50%ポイント還元!
    2021/08/24 17:44
    DMM動画/新作映画やドラマをはじめ、アニメやお笑いなど様々なジャンルの動画で50%ポイント還元!

    スーパーセールは2021年9月3日(金)10:00までですので、気になる映画・ドラマ等がある方はお得なこの機会に鑑賞してみてください。

  • 【映画】裁かるるジャンヌ【感想】
    2021/08/23 18:14
    【映画】裁かるるジャンヌ【感想】

    1928年。勇ましい英雄としてでなく、一人の女性としての素顔。神に告げられ、髪を切り戦場に赴く覚悟。鎖に繋がれ、冷酷な裁判の尋問に涙する。神の子から悪魔の子へ。死への恐怖。最後まで信仰と誇りを持ったジャンヌ。火あぶりにされる彼女の苦痛の表情!言葉以上の魂の叫びが伝わってきます!サイレントだけに、心の描写が素晴らしいです。宗教なんて、争いしか生まないのに…。舞台女優で映画出演は今作だけでしたが、主演のル...

  • 【映画】プリティ・ブライド【感想】
    2021/08/22 12:20
    【映画】プリティ・ブライド【感想】

    プリティ・ブライド、1999年。原題は、RUNAWAY BRIDE。プリティ・ウーマンの黄金コンビ、ジュリア・ロバーツとリチャード・ギアの2人で、邦題はこうなったのですねw結婚式の教会で逃げ出す花嫁と、記者の恋は結ばれるのか?これはカナダのバンクーバーで、4回見るほど好きでしたねー。ちょうど、映画館でストライキをやっていて、従業員が門番をやっていて、中に入るのも一苦労だったりwU2から始まるサントラも洋楽好きには粒揃...

  • 【映画】市民ケーン【感想】
    2021/08/21 18:24
    【映画】市民ケーン【感想】

    大富豪ケーンが、『薔薇のつぼみ』という言葉を残して亡くなる。権力に振り回される人々と孤独。ジグソーパズルを組むように、彼の人生が明らかになっていきます。斬新な撮影技術を使った演出は映画界に多大な影響を与えましたが、正直どこがすごいのかわかりませんでした>...

  • 【映画】第三の男【感想】
    2021/08/20 18:29
    【映画】第三の男【感想】

    第三の男。1949年。戦後、ウィーンの友人を訪ねるが、彼は事故で死んだという。闇商人だった彼には警察の目が。死人に口なし。不自然な死を探るうち、第三の男が浮かび上がる。平和の民主主義が何を生んだ?ハト時計だけだ。最後の追走劇は圧巻!ただ、昔より退屈でした。これって、今の映像が進歩したからでしょうか。...

  • ブラック・ウィドウ/意外によくできたスパイアクション映画。ネタバレあらすじ感想など
    2021/08/20 18:18
    ブラック・ウィドウ/意外によくできたスパイアクション映画。ネタバレあらすじ感想など

    普通の人間でもアヴェンジャーズで活躍できんだよっ!!007にオマージュを捧げた派手なスパイ映画。でもオモシロイ。

  • 最近見た映画の感想(2021/08)
    2021/08/18 18:27
    最近見た映画の感想(2021/08)

    ここ数年、大変なことばかりで映画の余裕なかったけど、引っ越しが落ち着いて、映画を見れる時間も増えてきましたよ。特にチャップリンのBD-BOXを買ったのが大きいです!ツイッターで書いた簡単な感想をこちらのブログでも紹介してみますね。...

  • 【映画】自転車泥棒【感想】
    2021/08/09 17:43
    【映画】自転車泥棒【感想】

    1948年。貧困の中、父はポスター貼りの仕事を得るが、肝心の自転車を盗まれてしまう。どうしようもなく、人の自転車を盗むが捕まってしまい、幼い息子の前で惨めにも袋叩きに。気まずい思いで帰路につく親子の哀愁。これが現実です。これが現実。わたしも財布やパスポートを海外で2回も盗まれて、ホームレス生活も。マックの残飯とか漁ってたw世の中は理不尽やねえ。警察はお金を貸してくれないけど、夜の女や薬の売人に助けても...

  • センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島/筋肉祭り開催。ネタバレあらすじ感想など
    2021/08/07 22:38
    センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島/筋肉祭り開催。ネタバレあらすじ感想など

    人間が想像できることは、人間が必ず実現できる。そして・・・面白くて退屈な大冒険へ。

  • 【映画】モダン・タイムス【感想】
    2021/08/04 18:20
    【映画】モダン・タイムス【感想】

    サイレント、チャーリー最後の作品。18ヶ月の世界旅行に出たのね。貧困や戦争と常に戦ってきました。権力者だけトーキー>...

  • 【映画】チャップリンのサーカス【感想】
    2021/08/03 18:20
    【映画】チャップリンのサーカス【感想】

    BD-BOX1本目は、気楽に見れるサーカス。チャップリンの歌声で始まる!でも、サイレントなのね。鏡張りの部屋!この時代からあったのね!トラブルメーカーがサーカス団へ。パントマイムの珍騒動が笑えますwそして、綱渡り素晴らしい!無償の愛でハッピーエンド!「サーカス」特典。1928年。90年以上前の作品なんて。トーキーの時代に移り変わる中、離婚問題、スタジオ焼失で制作は難航。動物を使った演技は本当に大変そう。綱渡り...

  • メイズ・ランナー/どんどん 迷宮に迷い込んでいく・・・メイズ・ランナーってそういうこと!?あらすじ・解説・ネタバレ感想など
    2021/07/30 16:59
  • 新 感染半島ファイナルステージ/あらすじ・解説・ネタバレ感想など
    2021/07/25 18:35
    新 感染半島ファイナルステージ/あらすじ・解説・ネタバレ感想など

    「ゾンビ」+「マッドマックス」+「イニシャルD」前作の「新感染 ファイナル・エクスプレス」が最高過ぎたのでハードル上げ過ぎたか・・・

  • さらば青春の光
    2021/07/22 21:25
    さらば青春の光

     原題は「四重人格」と言うもの。 日本公開時にはこのタイトルになってしまったが、どうにも違和感はある。 「光り輝く青春時代に別れを告げる」、そんなストーリーでもないからだ。 青春とは常に薄汚れていて惨めなものでしかない。本作でもそれは同様だ。 老人が目を

  • 遊星からの物体X
    2021/07/11 22:17
    遊星からの物体X

     宇宙は未知だ。 想像力をたくましくしなくとも、どんな危険があるのか、未知のものへの怖れというのは正当なものだ。 本作が色褪せないのは、そうした正体不明なものと人類は常に対峙していることに気がつかせるからだろう。 今、コロナウィルスの感染が拡大しているが

  • 危険な情事
    2021/07/11 22:15
    危険な情事

     ひと晩の情事がやがて恐怖へと変わってゆくサスペンス。 似たようなストーリーはその後やたらと量産されたが、本作はそのハシリと言えるものだろう。 軽い気持ちのアバンチュール。 だがそれは不倫だ。男はそのツケを払わせられることになる。 その陥穽は相手の女性の

  • ジョーカー/観客までも痛め付けるスゴイ映画!!ネタバレあり感想(リライト)
    2021/07/10 15:03
  • ベイブ
    2021/06/25 13:06
    ベイブ

     前回、ベンジーを挙げたこともあるので、「ベイブ」を紹介したい。 ベンジーの大ヒットから、やがて動物を映画の主な登場人物に起用するということが行われるようになり、多くの作品に彩りが加えられた。 ある場合は人間を助け、ある物語では動物が偶然の奇跡を起こす。

  • ザ・フォッグ
    2021/06/25 13:05
    ザ・フォッグ

     強烈な印象を残した映画だったと思う。 ジョン・カーペンター監督作品。 本作はこの題材だけで引き込まれた記憶がある。 霧の中に何かがいる。 霧に閉じ込められた住民たちが、怯えながらその霧の向こうを凝視する。 霧の向こうから何かがやってきているのだ。

  • 禁じられた遊び
    2021/06/22 21:35
    禁じられた遊び

     この映画で使われる曲「愛のロマンス」ほど人々に知られた曲はないかも知れない。 音楽のあまりの印象の強さに映画のストーリーがおぼろげになってしまうほどだ。 記憶はすっかり曖昧になり、タイトルから「イケナイ遊び」w、つまりエロチックなものだと思ってしまってい

  • 天使にラブソングを
    2021/06/18 23:45
    天使にラブソングを

     ゴスペルというのは偉大な音楽だと思う。 リズム・アンド・ブルースでもあり、そして聖歌でもある。 黒人音楽のひとつと言ってもいい。 ゴスペルを聖歌隊に混じって歌えたらどんなに素晴らしいだろう。 その場にいて盛り上がりを体験してみたい。 その高揚というのを

  • 最近見た映画の感想(2021/06)
    2021/06/14 20:11
    最近見た映画の感想(2021/06)

    ここ数年、大変なことばかりで映画の余裕なかったけど、引っ越しが落ち着いて、映画を見れる時間も増えてきましたよ。ツイッターで書いた簡単な感想をこちらのブログでも紹介してみますね。...

  • がんばれベアーズ
    2021/06/12 15:07
    がんばれベアーズ

     これもファミリーモノとしては金字塔ではある。 スポーツを中心とした子供たちの世界だ。 あまり日本での事例はないかも知れないが、野球に熱を入れ、親子でチームを応援したりすることがアメリカではよくある。 日本の場合だとステージママのような感じになってしまう

  • 祝映画館大手再開!『ガメラ3邪神〈イリス〉覚醒 4K HDR版』6月1日(火)再開予告動画公開!ドルビーシネマ上映告知~丸の内、梅田
    2021/06/11 00:39
    祝映画館大手再開!『ガメラ3邪神〈イリス〉覚醒 4K HDR版』6月1日(火)再開予告動画公開!ドルビーシネマ上映告知~丸の内、梅田

    ​​緊急事態宣言再延長にともなう休業要請の緩和により、 大手映画館チェーン各社も6月1日(火)より上映再開!! ​『ガメラ3邪神〈イリス〉覚醒 4K HDR版』​ ​ドルビーシネマ上映告知~丸の内、梅田上映再開

  • 映画『ウィッカーマン final cut』The Wicker Man(1973)2021年6月 キネカ大森 伝説のカルト、ファイナルカット版上映。島の独特の狂気、ブリット・エクランドの歌とダンス。
    2021/06/11 00:39
    映画『ウィッカーマン final cut』The Wicker Man(1973)2021年6月 キネカ大森 伝説のカルト、ファイナルカット版上映。島の独特の狂気、ブリット・エクランドの歌とダンス。

    ​​ウィッカーマン(1973)final cutThe Wicker Man​​ 元祖カルト映画、あの「ウィッカーマン」をやっと鑑賞。 初回公開時の短尺バージョン(88分)、上映検討用だった長尺バージョン(99分/102分)の間の長さ(94分)

  • 映画DVD『君よ憤怒の河を渉れ』新宿駅西口前、馬群の大暴走!転倒する馬!壮大なスケールのアクション大作!ジョン・ウー監督作「マンハント」と同じ原作の初回映画化作品!
    2021/06/11 00:39
    映画DVD『君よ憤怒の河を渉れ』新宿駅西口前、馬群の大暴走!転倒する馬!壮大なスケールのアクション大作!ジョン・ウー監督作「マンハント」と同じ原作の初回映画化作品!

    ​​​『君よ憤怒の河を渉れ』新宿駅西口前、馬群の大暴走!!​​ ​壮大なスケールのアクション大作!ジョン・ウー監督作「マンハント」と同じ原作の初回映画化作品!​ 面白かった! 健さんが、原田芳雄が, 池部良

  • 映画『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒 4KHDR版』いよいよ6月10日(木)まで!ドルビーシネマ上映終了、55周年新プログラム他、グッズ売切必至!? 4KHDR予告動画
    2021/06/11 00:39
    映画『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒 4KHDR版』いよいよ6月10日(木)まで!ドルビーシネマ上映終了、55周年新プログラム他、グッズ売切必至!? 4KHDR予告動画

    ​​​​​​映画『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒 4KHDR版』​​ ​​ドルビーシネマ上映終了、いよいよ6月10日(木)まで!​​​​ 55周年新プログラム他、劇場グッズ売切必至!? まだ、在庫があるか不明です。 ​​↓ここでも買

  • 氷の微笑
    2021/06/10 04:21
    氷の微笑

     わずかワンカット。 セクシーな女性が脚を組替えるだけ。その動き。そのシーンがこの映画の全てだw。 それがこの映画の真髄ということだろう。 それだけで金字塔を打ち立てた。 いったい、あのシーンに何カットあったのかと思ったりもする。 取調べを受けるシ

  • 世界残酷物語
    2021/06/09 00:31
    世界残酷物語

     音楽がとても印象に残っている。 「モア」というタイトルだった。続編でも使われたはずだ。 イタリア映画産業がまだ栄華を誇っていた時代の作品で、多くの意欲的作品が産み出された。 本作は、まるで百科事典のように世界の習俗やショッキングな映像を集めただけという

  • 1941
    2021/06/07 02:33
    1941

     本作は三船敏郎がハリウッドで最高の、正当なポジションで扱われた映画だろう。 ジョンベルーシもいい味を出していた。 完全なドタバタ。ハチャメチャなものだがストーリーはちゃんとしていた。 日本人も珍妙な描かれ方をしていなかった。 公開前からこの映画の噂に日

  • 流されて
    2021/06/07 02:32
    流されて

     まるでポルノ映画のようだがこれでも普通にロードショーされた作品だ。 これを「ソフト・ポルノ」と言ったら間違いだろうか。 エロチシズムにドキドキするというのは娯楽として健全なものではある。 穏やかにエロスを楽しむというのはあっていい。子供にも有害ではない

  • 真夜中のカウボーイ
    2021/06/07 02:32
    真夜中のカウボーイ

     田舎者が夢を抱いて都会に出てくる。 妙に自信満々だ。 それだから田舎でくすぶっていては損だと出てきたのだ。 異邦人としての彼から見た都会は御しやすく見える。どれもがハリボテでインチキだと分かる。 しかしすぐに絶望と敗北の現実に直面し、自分がどれだけ恵ま

  • ヒドゥン
    2021/06/03 23:31
    ヒドゥン

     本作の主演はカイル・マクラクラン。 この作品でのキャラが立ったことでその後、ツインピークスの主役に抜擢されている。 透明で、心さえどこかに置いてきたような捜査官が現れ、連続犯を追跡し捜査を開始する。 圧倒されるようなスピード感、息もつかせぬそれぞれのヤ

  • 【映画】スタンド・バイ・ミー【感想】
    2021/05/29 18:07
    【映画】スタンド・バイ・ミー【感想】

    金曜ロードショーで見ました。「私はあの12歳の時に持った友人にまさる友人を、その後持った事はない」今でも夢に出るのは学生時代の友達だし、多感な年頃の思い出が人の人格を作るのかもねー。この80年代の悪ガキ感、昭和だwリバー・フェニックス、貫禄ある!今では問題になりそうな子供の喫煙シーン、あのタバコは実はキャベツの葉を乾燥させた偽物だそうですね。小さな田舎町を出て大冒険から帰ってきたとき、今までの町が小さ...

  • MEG ザ・モンスター/陸では敵なしのジェイソン・ステイサムが巨大ザメと激突!!
    2021/05/28 19:10
    MEG ザ・モンスター/陸では敵なしのジェイソン・ステイサムが巨大ザメと激突!!

    ジェイソン・ステイサム VS 伝説の巨大ザメ。 超大型海洋パニックアクション襲来。

  • 第三の男
    2021/05/19 23:59
    第三の男

     本作のテーマ曲はあまりにも有名だ。 だからあえて当サイトではラストでの演奏を紹介する。 「続き」に、本作のテーマを貼り付けているので、どうかご勘弁願いたい。 このアントン・カラスの演奏がラストでも光る。 ラストの長いシーン、これをこれだけ充実したものに

  • 遊星からの物体X 連続鑑賞/南極観測隊基地で宇宙生物が蘇生!異形の怪物と死闘を繰り広げるSFスリラー
    2021/05/15 18:19
    遊星からの物体X 連続鑑賞/南極観測隊基地で宇宙生物が蘇生!異形の怪物と死闘を繰り広げるSFスリラー

    「ファーストコンタクト」は派手な感じですが、「遊星からの物体X」はジワジワ来る怖さですね。1982年の映画ですので手作り感満載ですが、やっぱり「遊星からの物体X」(カーペンター版)がいいかなぁ。

  • 奇跡を呼ぶ男
    2021/05/14 12:18
    奇跡を呼ぶ男

     とても好きな作品だ。 名作と言っていいと思う。 何気に出演人も豪華で驚く。  今をときめく熟年俳優「ニーアム・リーソン」も出演していた。 挿入されている曲が魂を揺さぶる。ゴスペルは最高の宗教音楽だ。 ああいう盛り上がりには弱い。つい泣けてしまう。「信じ

  • フットルース
    2021/04/20 23:07
    フットルース

     「ミュージカル映画」というのは独特のものがある。 映画にはカットや編集ができるというところ。 本来は一連の動きとしてはギクシャクしてしまうところをフィルムはつなげることが出来る。 だから、舞台のミュージカルではできないこと、偶然やあり得ないショットを作

  • キングコング
    2021/04/17 05:07
    キングコング

     この映画を「エロチック」なんて言ったら異論があるかも知れないが、事実そういう印象しかないw(笑)。 しかし、この映像の美女、なんとも言えないものがあるではないか。 秘境の地にいた巨大な怪物のようなゴリラと、遥か彼方のアメリカからやってきた金髪の美女との出

  • ロッキー
    2021/04/08 21:09
    ロッキー

    やはり「ロッキー」は取り上げねばならない映画だと思う。 世紀の大ヒットとなり、5つの続編が作られた。 主演のスタローンが脚本を書いたというが、日本では漫画の「明日のジョー」を思わせた。 きっと日本の観客にはそう感じた人もいたはずだ。 あるいは本当にモチーフ

  • リップスティック
    2021/04/04 22:22
    リップスティック

     本作はレイプを扱った社会派映画だ。 主演がヘミングウェイの孫娘ということで騒がれたのが強く印象にある。 まさかヘミングウェイも、そんな映画に孫が出るとは予想もしていなかっただろう(笑)。 ヘミングウェイはどちらかというと男尊女卑の価値感の下で生きていた

  • サスペリア
    2021/03/10 23:48
    サスペリア

     ゴシック的な演出と描き方は新鮮なものだった。 イタリア映画。 まだその映画産業全盛時代の名残りが本作を作らせた。 主人公は悪魔崇拝の学校に入学してしまうのだがそこがドイツ。 「イタリアはドイツの覇権主義的なところを今でも警戒している、そんな象徴だ」と言

  • スタートレック
    2021/03/05 23:35
    スタートレック

     スターウォーズを取り上げてスター・トレックを取り上げないのはあり得ない。 いわずと知れた宇宙活劇、その連続モノだ。その長寿ぶりは金字塔だろう。  長くテレビドラマで人気になり、それが映画化されたという経緯がある。 そのコンセプトの変化を感じると興味深い。

  • ベンジー
    2021/03/05 23:35
    ベンジー

     昭和の頃、動物モノ映画というのが大きなブームになったことがあった。 火付け役となったのは本作だと思う。 もしかすると、本作品の登場までは「動物が主役」という映画はなかったかも知れない。 その最初のハシリがこの映画だった記憶がある。  その後、動物に演技

  • ミスター・グッドバーを探して
    2021/03/02 05:49
    ミスター・グッドバーを探して

     本作品についても、やはりエロチックだという間違った認識があると思う。 前に書いたが、「さよならミスワイコフ」についてと同じもので、本作品についても、やはり社会派でありながらエロチックだとして片付けられたはずだからだ。 男性中心社会の「歪み」というのはそ

  • さよならミス・ワイコフ
    2021/02/16 12:18
    さよならミス・ワイコフ

     エロチックな目線で見られることが多いが厳然とした社会派だと思う。 女性にも性の選択肢はあるし、本当は自由なのだ。しかしそれを社会はさせない。 そして密かにもぐりこませられた差別的な感情、そのテーマ。 挑発的な作品でもあり、それでいて女性の揺れ動く気持ち

  • レイジングブル
    2021/01/26 21:40
    レイジングブル

     ロバート・デニーロの出世作はタクシードライバーだろうと個人的には思っている。 だが、本作品で演技ができることを実証して見せたからこそ、その後のデニーロの扱い、彼を使った演出があるのだと思う。 タクシードライバーは作品の素晴らしさがあるのであり、デニーロ

  • 博士の異常な愛情
    2021/01/23 01:23
    博士の異常な愛情

     ドクター・ストレンジラブ。 古い映画ファンなら、誰もがまずこの映画のタイトルよりもこの主人公の名前を覚えているだろう。 主演はあの「ピンクパンサー」主演のコメディアン、ピーターセラーズだった。 それは強烈なインパクトがあり、本作品の本質そのものを表して

  • エアポート'75
    2021/01/12 21:13
    エアポート'75

     飛行機は落ちる。 これは誰でも考えることだ。 あの巨大な鉄の塊が空を飛ぶということが信じられない。 それにパイロット。 精神に異常をきたしたパイロットが乗客を道連れにした、なんて、実際にあったことだ。  こんな航空機への恐怖、そんなものを描く

  • 面白かったお勧め映画②
    2021/01/11 00:11
    面白かったお勧め映画②

    ブラピ映画の登竜門!!『リバーランズスルーイット』を紹介します!! 皆様こんにちは。お正月休み明け最初の週の調子はいかがでしょうか?私はと言えば超ブルーな気分です💦連休後に張り切って会社へ行ける強メンタルな人になりたいといつも思いますが一生ムリな気がしますね(^-^; ストーリーさて休み中にこの映画も観ましたというか観直しました。懐かしいと思われる方も多いのではないでしょうか。。かれこれ29年前公開なのでかなり古い映画ですが、若き日のブラピ主演(当時29歳)で、1910年代のアメリカモンタナ州に住むある家族の日常を描いた物語になります。主人公はポール(ブラピ)のお兄さん、ノーマン(クレイグ・ジ…

  • ハエ男の恐怖
    2021/01/10 21:10
    ハエ男の恐怖

     この映画、原題は「ザ・フライ」、蝿だ。 漢字では間違いなく「蝿」でいいのだが、「ハエ男」としないとピンと来ないかもしれない。 そういう漢字によるニュアンスというものは確かにある。 日本語の語感としては「蝿」は生き物としてのニュアンスが強く、たかられる対

  • シックスセンス
    2021/01/07 22:50
    シックスセンス

    ブルース・ウィリスはテレビ俳優だった。 「こちらブルームーン探偵社」というテレビドラマは日本でも放映され、よく覚えている。 あれがブルース・ウィリスの役者としてのキャリアのごく初期だったようだ。 たいして面白くもない「軽口ドラマ」で、探偵社の所長の女性と

  • 面白かったお勧め映画①
    2021/01/07 02:14
    面白かったお勧め映画①

    お正月に観た映画「ブラックホークダウン」を紹介します!! 皆様こんにちは。コロナ禍のお正月をいかがお過ごしになられたでしょうか。私たち家族が住む東北は大寒波の影響でめちゃくちゃ寒いです。雪もいっぱい降っております。今年は自粛&巣ごもりでテレビや映画、Youtubeを沢山観るだろうなとは思ってましたが、やっぱり観ましたね(* ´艸`)クスクスそんな中せっかくなので私が観た映画で面白かった作品を一つ紹介させて下さい。多少古い映画ですが「名作に古いも新しいもあるか~い」というスタンスでやらせていただきます(^-^; 巨匠リドリースコット監督の正統派戦争映画 リドリースコット監督と言えば「エイリアンシ…

  • HDMI接続より高音質だった!? 光デジタルケーブルで繋ぐドルビーサラウンド
    2021/01/04 00:10
    HDMI接続より高音質だった!? 光デジタルケーブルで繋ぐドルビーサラウンド

    HDMIケーブルは光デジタルケーブル接続より本当に高音質なのか? HDMIケーブルは光デジタルケーブル接続より本当に高音質なのか? ARC対応で便利になったTVとAVアンプのHDMI接続 あえて光デジタルケーブルを試す ドルビーアトモスが再生できない光デジタルケーブル ARC対応で便利になったTVとAVアンプのHDMI接続 今やテレビとAVアンプとの接続はHDMIケーブル1本で事が足りるようになっている。 それは、ARC対応のHDMI端子が備わっているテレビであれば、そこからAVアンプに向かって音声信号を送る事が出来てしまうからだ。 ARCとは、オーディオ・リターン・チャンネル (Audio …

  • デイズ・オブ・サンダー
    2020/12/25 16:05
    デイズ・オブ・サンダー

     男にとって戦いの場はどこにでもある。目標のために戦う。 そこで生じる緊張、様々なストレス、昂揚感。 そんな場面でつい軽口を叩こうとするのがアメリカ人だ。 ストレスからの解放ということだろうが、映画でなくとも彼らには日常的なことだ。 その子供っぽさは我々

  • クライム・オブ・パッション
    2020/12/14 22:19
    クライム・オブ・パッション

     少し世間的にはマイナーかも知れないが好きな映画。 アンソニー・パーキンスがヒッチコック・サイコの役柄の呪いから逃れようと、もがき続けた軌跡のひとつ。 彼はサイコの多くの続編にも出演し、自らとの戦いに挑んでいるようにさえ思えた。 しかしアンソニー・パーキ

  • 荒野の用心棒
    2020/12/11 17:25
    荒野の用心棒

    前回に紹介した「夕陽のガンマン」のさきがけとなった作品。 監督は同じで、イタリア人。セルジオ・レオーネという人物。 ゾンビ映画がジョージ・ロメロなら、マカロニ・ウェスタンはこの人という感じだろう。 主演をクリント・イーストウッドが勤めた最初の作品となった

  • 夕陽のガンマン
    2020/12/10 04:38
    夕陽のガンマン

     昭和の早い時代に「マカロニ・ウェスタン」という言葉が出来て、それは「イタリア系の西部劇」という意味なのだとされた。 イタリア人監督、イタリア系俳優。ともかくイタリアン・テイストが入っている西部劇の総称だ。 開拓時代のアメリカを描いた西部劇は早くからアメ

  • さらば友よ
    2020/12/07 18:48
    さらば友よ

     アランドロンとブロンソンという組み合わせは「二大スター」の競演と、当時は大いに話題を呼んだ。 しかし結局、一番印象に残っているのはこの邦題だろう。 「さらば友よ」、そしてちょっと敬礼をして別れるエンディング、それが大人の男だとみなが憧れた。 少し昔の、

  • 13日の金曜日
    2020/11/27 23:24
    13日の金曜日

    13日の金曜日というのは、キリストがゴルゴダの丘へ引き回され、磔にされた日とされる。 それで不吉な日とされる。 実際にはアメリカやいくつかの国でのイメージであり、他の国では13人の最後の晩餐で13という数字だけだったり、金曜とか火曜とか、各種雑多な迷信が混じっ

  • フライングハイ
    2020/11/24 21:31
    フライングハイ

     「笑い」というもの。 人間はどうして笑ってしまうのか。それを考えればはとても深いものがある。 笑いのジャンルにも色々あって、ドタバタとか皮肉とか、人間模様なんてのがある。 動物的な笑い、生理的な笑い、理性的な笑い、社会的な笑い。 つい笑い飛ばしたくなる

  • ドクターモローの島
    2020/11/24 21:30
    ドクターモローの島

    最近の映画はドンデン返しばかりだ。 音楽で言えば「転調」とか「変調」ということになるだろうか。 まるでそれだけを目的化している感じの作品がある。 これがあまり気持ちがよくない。 映画をすっかり見慣れた人々が作品に驚きを求めて、観客の予想を裏切る映画に喝采

  • 個人教授
    2020/11/18 19:43
    個人教授

     年上の女性に寄せる恋心。 そんな素敵な想い出は誰にでも少なからずあるだろう。 もたげ始めた少年・青年の恋愛への憧れ、異性への高まる興味。 それは禁断の木の実だ。 「まだ子供っぽい」と、成長の早い女性からすれば男はたいてい軽くあしらわれてしまう。わずかの

  • スタンド・バイミー
    2020/11/14 22:22
    スタンド・バイミー

     子供の頃の友情。 郷愁を誘う古く懐かしい光景、線路、鉄橋。 本作には独特のリズムがある。それは子供の時間を描こうとしたものだ。 それに成功しているという気がする。 困難を抱えるそれぞれが、共に団結し、何かを成し遂げようとした、そんな思い出のひと幕。 こ

  • 007ゴールドフィンガー
    2020/11/03 15:39
    007ゴールドフィンガー

     イアン・フレミング原作。 先日、ショーン・コネリーが10月31日に死去した。 90だというから長寿を全うしたのだろう。歴代ボンドの中で最も印象深い人だったと思う。 スコットランド訛りが印象的な、よい役者だった。たいへんな愛国者だったと伝えられる。 本作はそん

  • トップガン
    2020/10/28 18:41
    トップガン

     トム・クルーズはアイドル顔まけのベビーフェイス。 そしてストーリーは訓練パイロットのトップ争い、ヒロインとのラブストーリと、当時、トム・クルーズに敷かれたレールは今とはまるで違うものに見える。 その後の演技などを見ていると、トム・クルーズは実はたいした

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用