searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

映画・洋画 THEME

help
映画・洋画
テーマ名
映画・洋画
テーマの詳細
映画(洋画)、海外俳優、DVD、感想など、洋画に関すること、俳優・女優に関することならどんどんトラックバックしてください。
テーマ投稿数
6,403件
参加メンバー
280人
管理人
sara管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「映画・洋画」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「映画・洋画 映画ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

映画・洋画の記事

1件〜50件

  • ジョーズ
    2020/05/26 14:32
    ジョーズ

     ロイシャイダーが熱い男を演じたパニックモノ。監督はスピルバーグだった。 音楽が素晴らしく金字塔となった。  巨大なサメがやってきて人の味を覚え襲うようになった。 ビーチの封鎖か、経済優先か、今のコロナ騒ぎを髣髴とさせるような議論のシーンがある。 奇妙な

    capricornone

    シネマ総覧

  • よう来たの、まあ座れや。 エマージェンシー 見知らぬ2人
    2020/05/26 00:04
    よう来たの、まあ座れや。 エマージェンシー 見知らぬ2人

    男二人(推定60代×40代)の人生打ち明け話。それだけと言えばそれだけ。飲み屋で知り合ったおっさん同士の意気投合と何ら変わりません。違うのは、ひとりは自殺志願者だと言う事、もうひとりがちょっと違法な取引の最中だと言う事。そして場所がミシガン湖のど真ん中で現在遭難中だと言う事。 「エマージェンシー 見知らぬ2人」 (2014年/ギル・ケイツ・ジュニア監督) 父を亡くし、母がアルツハイマーのミッチ(ショーン・アスティン)は父の遺品のボートでミシガン湖へ。景気よくすっ飛ばしていたら、水面に浮かぶ障害物と激突。見渡せば小型飛行機の残骸が点々と…。 生存者1名。何とかボートに引き上げたものの相手は警戒感…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • サイコ
    2020/05/25 16:47
    サイコ

     ヒッチコックの作品の中では最も成功した作品ではないか。 秀逸なミステリーでありホラーでもあった。 「ベイツ・モーテル」と言ったらすぐに分かるぐらいだ。 続編も作られるだけのものがあった。想像が膨らむクリエティブな作品だったのだと思う。 最近はアメリカで

    capricornone

    シネマ総覧

  • 容疑者、ホアキン・フェニックス
    2020/05/25 11:01
  • 546「500ページの夢の束」→脚本応募
    2020/05/25 08:28
    546「500ページの夢の束」→脚本応募

    映画「」スタートレック」の新作脚本を公募。この情報に心躍らせたウェンディは、その脚本コンテストに応募するため、早速準備に取り掛かりました、自閉症のためグループ…

    八十日目

    映画横丁758番地

  • 暗くなるまで待って
    2020/05/24 12:33
    暗くなるまで待って

     オードリー・ヘプバーンはそのチャーミングさで世界を魅了した。 どの作品も切ないほどのひたむきさがあり、それが魅力となっている。 品がよく、毅然とした強さもあり、ファッションリーダーでもあった。 今の女優や女性ミージシャンたちみながあこがれる女性でもある

    capricornone

    シネマ総覧

  • 死刑台のエレベーター
    2020/05/23 13:16
    死刑台のエレベーター

      フレンチ映画ときたら「死刑台のエレベーター」がまっさきに思いつくぐらい。 昔ある時、バスに乗って生粋のフレンチばかりと一緒になったことがある。 パリからアビニヨン行きのバスだったかと思う。 それでいわゆるトイレ休憩の時に、途中のショッピングセンターか

    capricornone

    シネマ総覧

  • 博士と彼女のセオリー
    2020/05/23 00:08
  • OK牧場の決闘
    2020/05/22 17:12
    OK牧場の決闘

     子供の頃、図書館でOK牧場の決闘を借りて、夢中で読んだ。子供向きの簡単なものだった。 ワイアットアープ、ドクホリデイ、個性というものに初めて触れた気がした。 正義というものの香りを嗅いだ。 同じタイトルの映画を観て、読んだ本より鮮明なことに驚いた。細かな

    capricornone

    シネマ総覧

  • ハンガリアン・ポリスは極真マイスター。 コップ・ハンター
    2020/05/22 00:07
    ハンガリアン・ポリスは極真マイスター。 コップ・ハンター

    ちょっと珍しいハンガリー産ポリス・サスペンス(ちょっとだけアクション)映画。台詞は一部を除いて全編ハンガリー語。除かれた一部に該当するのは、インターポール捜査官にブダペスト署(?)の署長が挨拶する時と、インターポール同士の連絡で交わされる英語と…警察や市中の空手道場で炸裂する日本語です。 「コップ・ハンター」 (2016年/ヨージェフ・コヴァリック監督) ハンガリーの古都ブダペストで、警官ばかりを狙って誘拐、儀式的な拷問を加えて殺害する連続殺人事件が発生。ヨーロッパ全土への影響を憂慮したインターポールが早期解決のために捜査官1名を派遣。あとはまぁお約束の展開です。インターポールとブダペスト警察…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • 針の眼
    2020/05/21 17:27
    針の眼

     恋愛サスペンスというジャンル。 郵便配達人は二度ベルを鳴らすに雰囲気が似ている。 あれにスパイや戦争という要素をからめたと言ったら短絡的すぎるだろうか。 これより昔、男は主義主張を優先し、大儀のために生きた。 女は二の次だった。 男が女ごときに悩むこと

    capricornone

    シネマ総覧

  • 羊たちの沈黙
    2020/05/20 12:47
    羊たちの沈黙

     原作の素晴らしさとは少し違う出来とはなったが、この手のクリミナルものの先鞭をつけたという意味ではもっと評価されていいと思う。 犯罪が起きてその謎を解決する、それだけがドラマではない。 起きた犯罪を中心に様々な出来事が取り巻いて事象が変わる。新たなドラマ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 545「タリーと私の秘密の時間」→育児疲れ
    2020/05/20 08:59
    545「タリーと私の秘密の時間」→育児疲れ

    仕事に家事に育児にと何でも完璧にこなしてきた主婦のマーロでしたが、3人目の子どもが生まれてくると、さすがに疲れを自覚するようになりました。そうした自分の限界を…

    八十日目

    映画横丁758番地

  • 「モンスターかイケメンか?」ヴァンパイアが登場する海外ドラマを厳選して5作品を紹介!
    2020/05/19 23:36
    「モンスターかイケメンか?」ヴァンパイアが登場する海外ドラマを厳選して5作品を紹介!

    ヴァンパイア(吸血鬼)が登場する海外ドラマを5作品厳選しました。恋愛要素を含んだ作品からSFサスペンスまで、ホラー、クリーチャーものが好きな人も、ほろっとしてキュンとする恋愛ものが好きな人も、ご自身の好みに合うヴァンパイア作品を探してみては?

    ざきひー

    ネットショップ語り

  • モンティパイソン・ホーリー・グレイル
    2020/05/19 15:27
    モンティパイソン・ホーリー・グレイル

      イギリスのお笑い集団、モンティパイソンは世界を席巻した。 アメリカにも渡り、ブリティシュ・コメディというものを世界中に知らしめた。 この映画はその中でも最も評価が高い(独断)映画だ。  内容についてあれこれ言うこともない。あまりに金字塔だ。 だから思

    capricornone

    シネマ総覧

  • スノーデン
    2020/05/19 07:51
    スノーデン

    ありの

    映画ありのまま

  • 全ては円環の理か。 エンドレス・マーダー
    2020/05/19 00:10
    全ては円環の理か。 エンドレス・マーダー

    『ターゲットは僕。殺り方は任せるけど不意打ちで。 僕が生きたがっている時に』 『何故、自分で殺らない?』 『やったさ、何度も。去年はハンバー橋★から飛び降りた。200人以上が自殺に成功している場所だ。失敗したのは5人だけ』 ★ハンバー橋…イングランドのヨークシャーとリンカンシャーを結ぶ全長1410mの吊り橋。1981年~2007年の間におよそ200人がここから身を投げた。落差30m。2013年時点自殺者数ランキング第9位(因みに1位は日本の誇るナンバーワン自殺スポット「青木ヶ原樹海」)。 ※全ランキングを知りたい人はこちら→http://itpatsuya.blogspot.com/2013/…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • ディ
    2020/05/18 13:11
    ディ

    君はおかしくなっているんださあ、帰ろう頼む、後生だから俺と一緒にクニへ帰ってくれまだ一発ある。  

    capricornone

    シネマ総覧

  • オーパ!【釣るぜ大物電気サメ】 シャーク・ショック
    2020/05/18 00:11
    オーパ!【釣るぜ大物電気サメ】 シャーク・ショック

    『ここにサメ? トルネードなんて予報なかったぞ』 A shark here? The weatherman said nothing about a tornado.ルイジアナの湿地帯。河の近くの空き地(パーク)にトレーラーを並べて暮らす貧乏集団(ケイジャンを二回り下品かつご陽気にした感じ)。土地所有者の地代取り立ては厳しく生活はその日暮らし以前。当然、支払いは滞納ぎみ。気の短い地主がキレて、住民一掃を計画。 『河の堤防ぶっ壊して人も車も全部流しちまえ』 計画は成功。大半のトレーラーは流され、パークは水浸し。更に風力発電施設に接触した事で帯電したサメ(海から遡って来たのか?)もパーク内へ。ドサ…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • ダンス・ウイズ・ウルブス
    2020/05/17 16:26
    ダンス・ウイズ・ウルブス

     異なる種族や社会と和解し、共存しようとする。 それが一人だったなら、その社会に溶け込むということになる。 彼らに違った世界から来た自分を受け入れさせ、認めさせねばならない。 そういうことができる人間は稀だ。 たいていの人間は群れを作り、頑ななその社会の

    capricornone

    シネマ総覧

  • コンプライアンス 服従の心理
    2020/05/17 00:03
  • トレジャーハンター・クミコ
    2020/05/17 00:03
  • 『屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ』(ファティ・アキン監督作品)。(『ジョーカー』に不満のある人はぜひ観てください by 花沢健吾)
    2020/05/16 23:01
    『屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ』(ファティ・アキン監督作品)。(『ジョーカー』に不満のある人はぜひ観てください by 花沢健吾)

    映画チラシ 久々に映画館に行った。観たのはドイツ映画『フリッツ・ホンカ 屋根裏の殺人鬼』。客は数える程で4人・・・。「楽しい」とは言い難いが、ひたすら観入ってしまう110分だった。映画館を出た後もモヤモヤして色々考えさせられる。観客に間違いなく思考を促す作品であり、その意味で間違いなくいい映画である。 作品情報 『屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ』 2019年ドイツ映画 原題 „Der Goldene Handschuh“ ファティ・アキン監督 ヨナス・ダスラー、マルガレーテ・ティーゼル、カーチャ・シュトゥット他出演 110分 日本公開2020年 1 映画の紹介(ネタバレなし) フリッツ・ホン…

    32のメナーデ

    メナーデの住処

  • ミッドナイト・ラン
    2020/05/16 09:40
    ミッドナイト・ラン

     「ロードロービー」というジャンルの中にも色々な切り口があって、移動しながらそこでぶつかる様々な事象や出来事に対応してゆくタイプもあるが、「どうゴールに辿り着くか」という双六的な展開を見せるものもある。 前者は各地の特色を反映した部分があり、謎解きや問題

    capricornone

    シネマ総覧

  • ローマの休日
    2020/05/15 12:19
    ローマの休日

     それはそれはキュートで切なくて、可愛らしい恋愛映画だ。 ローマの町並みはまだ人が少なく、コロッセウムは元気な姿を見せていた。 驚くような新鮮さがある。 映画は今よりもずっと昔のこと。 だから少女マンガのようなストーリーが許された。今だったらたちまち馬鹿

    capricornone

    シネマ総覧

  • 544「バッファロー大隊」→黒人被告
    2020/05/15 08:12
    544「バッファロー大隊」→黒人被告

    AW監督賞を実に四度も獲得した名匠ジョン・フォードは数多くの「西部劇」も残しました。ただし、筆者的には、なぜか主演ジョン・ウェインとなってしまうと、世間の評価…

    八十日目

    映画横丁758番地

  • 蜘蛛女のキス
    2020/05/14 17:35
    蜘蛛女のキス

     独裁政権の圧政下で拘禁された活動家とオカマの出逢いと友情の物語。 ロマンチックで悲劇的な物語だ。 ゲイだろうがオカマだろうが、ロマンスというのは常に起こりえる。 人間は人間を相手にするから感情を動かす。 この映画の頃はまだ今のようなLGBTなどという話もな

    capricornone

    シネマ総覧

  • ポセイドン・アドベンチャー
    2020/05/13 18:48
    ポセイドン・アドベンチャー

     転覆した船から脱出するパニックもの。 この当時は飛行機事故などもよく映画の題材になった。 それだけ実際の悲惨な事故が少なかったと考えられる。 また映画に金をかけるところも今とは違った。 大規模なセットや仕掛けにカネがかけられたから、パニックモノはこの頃

    capricornone

    シネマ総覧

  • 【左手人差し指が奏でる】ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ【ベレッタ速射術】
    2020/05/13 00:06
    【左手人差し指が奏でる】ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ【ベレッタ速射術】

    『他の部隊に殺らせるわ』(I'll get another team ) 『いや、俺たちで始末をつける。でないとあんたが的に掛けられるぞ』(No! My team will do it... you don't want him to come back and kill you)敵陣で見捨てられた雇われ工作員。やるべきことは勿論ただひとつ。 「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」 (2018年/ステファノ・ソッリマ監督) カンサスのショッピングモールで大規模自爆テロ勃発。 残念ながら演出は滅茶苦茶凡庸。助監督が撮ったんじゃないかと疑うレベル。 『こいつらどこから来たんじゃ?』 『メキシコ経由…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • ア・フュー・グッドメン
    2020/05/12 17:06
    ア・フュー・グッドメン

     シャイニングで怪演し、演技の幅の広さ、その存在を知らしめたジャックニコルソンが強烈だ。 キューブリックも凄かったが、ニコルソンもよくあの美学に合わせた。すっかり原作は分からなくなってしまったけれども(笑)。 今は公式に引退を表明しておりスクリーンに戻っ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 魔法中年の代償は…。 命の相続人
    2020/05/12 00:06
    魔法中年の代償は…。 命の相続人

    『希望と絶望のバランスは差し引きゼロだ。どっちかだけなんて都合が良すぎると思った』 (佐倉杏子@マギアレコード) 魔法中年が他人の命を救う奇跡の代償は自分の命よりも遥かに重かった。 「命の相続人」 (2008年/オスカール・サントス監督) 三叉神経痛、多発性骨髄腫、閉塞性血栓症、多発性硬化症、HIV…。『すべての物事が体の痛みに振り回されるの。映画が好きかどうかさえ決められない。痛み次第だから』ここは疼痛科(ペインクリニックの事か?)。医師ディエゴは日々激痛に苛まれる患者に接するうち、患者の事情・感情に深入りせずに距離を置くように。ある日、多発性硬化症の女性サラ(妊娠10週間)が鎮痛剤の過剰摂…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • ジュラシック・パーク
    2020/05/11 13:46
    ジュラシック・パーク

     この映画のラストは涙が出たことを覚えている。 自分でも理解できない感情を沸いてきて何度も繰り返して見て、そした泣いた。 ティラノザウルスが施設に押し入った他の凶暴な連中を餌食にし、雄たけびを上げるのだ。 それはまるで勝利の凱歌のように描写され、やりすぎ

    capricornone

    シネマ総覧

  • シャイニング
    2020/05/10 15:31
    シャイニング

     シャイン、「輝く」という名前で、本来ならシックスセンス的な内容が中心だが、 映画自体は印象的な雪のシーン、レドラム、 ジャックニコルソンの怪演、と、すっかりお株を奪われてしまった感じ 他にタイプライターで同じことを繰り返し打ちながら、違うものを打ってい

    capricornone

    シネマ総覧

  • 543「ローズの秘密の頁」→わが子殺人の容疑
    2020/05/10 07:48
    543「ローズの秘密の頁」→わが子殺人の容疑

    精神病院が取り壊されることになったため、主治医である医師は、患者の一人である老女ローズを転院させるべきかどうかで新たな判断を下す必要に迫られていました。ローズ…

    八十日目

    映画横丁758番地

  • スケールアップ・デジャヴ。 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
    2020/05/09 00:06
    スケールアップ・デジャヴ。 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

    ロシアから盗まれたプルトニウムを買い戻そうとして失敗、横取りされたプルトニウムが核爆弾2機に化けて、爆発まであと15分、さあどうする?まとめればそれだけの話です。それをよくもまあここまでややこしい話に。脚本後付け、アクション優先、説明放棄の147分。 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」 (2018年/クリストファー・マッカリー監督) もう最初のお仕事依頼ビデオ(オリジナルの「おはようフェルプス君~」に相当する自動消滅テープ)の内容からしてとても一聴しただけで理解できる代物ではなく。あんだけ一方的にベラベラ喋られて「え、なになに?」と思う間もなく勝手に火ぃ噴かれた日にゃ途方に暮れちゃ…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • 2001年宇宙の旅
    2020/05/07 20:20
    2001年宇宙の旅

     IBMのアルファベットをひとつ前に戻すとHALとなる。 本作で主人公となる宇宙船を制御するコンピューターの愛称の由来。  あまりにも有名な話だと思うがなにしろ昭和の話。風化してしまったかもしれない。 忘れられてしまわぬよう、書いておく。 もはや2001年は過去に

    capricornone

    シネマ総覧

  • 米国が アルカイダ と ISIS テロを組織を 創設 #1 GlobalResearch
    2020/05/06 06:06
    米国が アルカイダ と ISIS テロを組織を 創設 #1 GlobalResearch

    アラーァクバル!!米国が アルカイダ と ISIS テロを組織を 創設 #1 GlobalResearch                        ...

    1ROO

    1ROO 作戦司令室

  • 【ドン詰まりの町で】ブロー・ザ・マン・ダウン~女たちの協定~【シーシャンティを聴きながら】
    2020/05/06 00:08
    【ドン詰まりの町で】ブロー・ザ・マン・ダウン~女たちの協定~【シーシャンティを聴きながら】

    漁師たちが朗々と歌い上げる労働歌(シーシャンティ)。その曲名にしてサビの歌詞がBlow the man down(そいつをブッ飛ばす)。 「ブロー・ザ・マン・ダウン~女たちの協定~」(2019年/ダニエル・クルーディ&ブリジット・サヴェージ・コール監督) ここはアメリカ、メイン州。漁業の町イースター・コーヴ(架空の町)。メイン州がどこかパッと頭に浮かぶ人も少ないと思います(私は原作版「ヘルハウス」のベラスコ邸があったところという認識しかありません)。 ここです↓。 端も端。北も北。もうこの位置だけでズンドコの町である(若者はいるだけで気が狂う)ことが容易に想像できると思います。母を看取ったプリ…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • 卒業
    2020/05/05 18:04
    卒業

     今思えば異色の恋愛モノと言える。 ダスティン・ホフマンは年上の女性に誘惑される。それが恋愛に絡むからだ。 よく純愛モノという言い方のジャンルがあるが、これはそれではない。 ただラストシーンがあまりに有名で、ああいう終わり方、結ばれ方をしたいと誰もが思っ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 542「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」→刹那の錯覚
    2020/05/05 00:51
    542「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」→刹那の錯覚

    自分の容姿に自信がなく、卑屈な性格、しかも自分の職場が地下室にあることに大きな不満を抱えた若い女性が、ある日「ソウルサイクル」(自転車漕ぎのエクササイズ)で、…

    八十日目

    映画横丁758番地

  • ナインハーフ
    2020/05/04 11:04
    ナインハーフ

     そのエロチックな描写が物議をかもした映画。 ストレートすぎる表現、ポルノとみまごうような描写は大いに問題になった。 しかし今の時代、ネットの時代になるとこの手のものなんて腐るほどある。 笑われてしまう、なんて思うが、それはあくまで日本の感覚。 アメリカ

    capricornone

    シネマ総覧

  • 色々と嘘つき。 リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
    2020/05/02 00:06
    色々と嘘つき。 リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ

    情報が錯綜していた「ジーパーズ・クリーパーズ3」。知らないうちに公開されて(2018.10)、ソフト化されて(2019.04)、アマゾン・プライムで視聴できるようになっていました。タイトルは「3」ではなく、 「リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ」 (2017年/ヴィクター・サルバ監督) 売り文句は“第1作で主人公を演じたジーナ・フィリップスがシリーズに復活!”。ここまでで既に嘘まみれ(笑)。時系列的には「3」ではなく「1.5」。つまり、1作目の後日談であり、2作目「ヒューマン・キャッチャー」の前日譚です。この時点で「リターン」じゃないですよね。ジーナ・フィリップス、確かに出ていますよ。ラ…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • ダーティーハリー
    2020/05/01 14:57
    ダーティーハリー

     今日は何の日でしょうか? 勝手に決めてしまいますが、今日はダーティーハリーの日だ。 4月28日。 「死にやがれ」と読めるから。 痛快刑事モノなんてそれまではあまりなかった。 銃をバンバン撃ちまくる刑事なんてそうはいませんでした。 法を無視する悪党どもをマグ

    capricornone

    シネマ総覧

  • ビバリーヒルズ・コップ
    2020/05/01 14:57
    ビバリーヒルズ・コップ

     痛快アクションと言ったら薄っぺら過ぎるか。華麗に泳ぎ回る様は喝采ものだった。 堅実な脇役が固め、よい出来の映画だった。 エディマーフィはそれからがパッとしなかった。 どうにもいい人をやろうとしてしまったのか面白い映画に出なくなった。  最近まですっかり

    capricornone

    シネマ総覧

  • シックスセンス
    2020/04/30 13:32
    シックスセンス

     ネタバレが困るが、子役が大いに注目された。 ハリウッドでも子役はほとんど大成しない。 今はどうしているのか。 層が厚いからそれこそどんな人材でも集めることができる。 日本のようにコネだのザイだの事務所だのは関係がない。 そうして逸材を見つけてきて、一瞬

    capricornone

    シネマ総覧

  • 541「女と男の観覧車」→コニー・アイランドで
    2020/04/30 07:31
    541「女と男の観覧車」→コニー・アイランドで

    作品の舞台は1950年代のコニー・アイランド。ちなみに、この「コニー・アイランド」って町がどこにあるのかご存知ですか。筆者はその名は耳にしたことがあったものの…

    八十日目

    映画横丁758番地

  • 次回予告 :  悪名高い ホワイトヘルメット @ 映画は 全部 嘘、虚偽であり物語行為
    2020/04/29 07:44
    次回予告 : 悪名高い ホワイトヘルメット @ 映画は 全部 嘘、虚偽であり物語行為

       次回は 久しぶりに 悪名高い、ホワイトヘルメット行きます。 政治家 ロンポール研究所記事から元 CIAテロ対策 軍事情報担当官、フィリップ・ジラルディさ…

    1ROOさん

    卍1ROO 第?帝国卍

  • 【家族揃って】在宅支援/人間性を疑われる映画選手権【観ては駄目】
    2020/04/29 00:07
    【家族揃って】在宅支援/人間性を疑われる映画選手権【観ては駄目】

    「三密避けろ」とか言っていたのが、いつの間にやら「ステイ・ホーム」。在宅がデフォで、外出(出勤)したら犯罪者扱いな今日この頃。あちこちのサイトが争うように「在宅で楽しむ特選映画」みたいな特集を企画。「ジェームズ・ガン監督が自宅待機中に見るべき最上級のアクション映画リストを発表」とか(→https://eiga.com/news/20200422/7/)。どのサイトも「感動」「ほのぼの」「スカっと爽やか」系をチョイス。かく言う曼荼羅畑も「せめて笑いを」のタイトルで、コメディ系映画と日常系アニメのご紹介を致しました。ちょっと“いい映画”に辟易してきたので、ショック療法的に真逆の作品を並べてみます。…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • 血に飢えた白い砂浜…の劣化版焼き直し。 ザ・サンド
    2020/04/28 00:08
    血に飢えた白い砂浜…の劣化版焼き直し。 ザ・サンド

    久しぶりに突っ込み甲斐のある低予算ホラーに出会いました。 つまらないと言うなかれ。これぞ初級突っ込み自己研鑽テキスト。 「ザ・サンド」(2015年/アイザック・ガバエフ監督) ビーチで一夜限りの大パーティ。 飲んで踊ってまぐわって。吐いて戻して陽が昇り…。監視台で目覚めたケイリー(ブルック・バトラー)がビーチを眺めると、車に男女2人ずつ、ウッドテーブルに女1人、何故かドラム缶に嵌っているのが1人。そして、自分に添い寝していた男が1人。他の皆は帰ったのかしら。ウッドテーブルにいた女が車に近づこうとしてビーチに足を着けた瞬間、身動きがとれなくなって…。助けに行こうと車から飛び降りた男もビーチから出…

    ナルシスト伊藤

    デストピア経典~曼荼羅畑でつかまえて(三代目)

  • カサブランカ
    2020/04/27 13:51
    カサブランカ

     いつもハードボイルドにキメようとしてきた。 甘えの許されない境遇に自分を置くようにしてきた。 そうしていくうちに正直さを失った。泣くことを忘れた。 ヒネくれてニヒルな自分にが笑っていることに気が付いた。 鏡の向こうには口を歪めた男の姿があった。 そして

    capricornone

    シネマ総覧

カテゴリー一覧
商用