第4回、映画記事
トーナメント・テーマ
映画に関する記事だったらなんでもオッケー。

第一回優勝者
Bachakovさん「子育て競馬オヤジのブログ」
http://bachakov.blogspot.jp/

第二回優勝者
LABRISA「穏やかな時間(とき)の中で…」
http://labrisasuave2010.blog24.fc2.com/

第3回優勝者

ナルシスト伊藤「デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改」
https://blogs.yahoo.co.jp/shinbashi_naki69

優勝おめでとうございます!
参加カテゴリー
映画, その他

参加メンバー一覧

  •  
Harryさんのプロフィールアクトオブリーディングさんのプロフィールとらとらさんのプロフィールjoshさんのプロフィール○世界一周セラピスト サロンことら○さんのプロフィール油小路しゅ〜る之助さんのプロフィール
Harryさんアクトオブリーディングさんとらとらさんjoshさん○世界一周セラピスト サロンことら○さん油小路しゅ〜る之助さん
ぱふぇさんのプロフィールmakotoさんのプロフィールminorinさんのプロフィールpetitpaganiniさんのプロフィール退会されましたつくぶすま68さんのプロフィール
ぱふぇさんmakotoさんminorinさんpetitpaganiniさん退会されましたつくぶすま68さん
白亜ジュラさんのプロフィール
白亜ジュラさん

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

参加記事一覧

  •  
  • ブームにのってみる
  • ボブ・ディランのあの騒動から、もう1年かぁ....。早いね。という事で、ノーベル文学賞受賞、カズオ・イシグロ氏おめでとうございます!!私は、下記「わたしを離さないで」しか読んだことが無いけれどとても良かったので、他の作品も読んでみようと思い、もう何年....。元々
  • シルクスクリーン日和
  • 「関ケ原」 シネマシティ
  • カンタン相場検索「Goo買取」映画を見に行きました。行ったのはいつもの立川シネマシティ。今回観たのは、「関ケ原」小説家・司馬遼太郎の著書を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が映画化。豊臣秀吉亡き後の天下をめぐり、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三
  • ビンボーサラリーマンmakotoのブログ
  • 【映画感想】インサイド・ヘッド
  • ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン監督、2015年アメリカ映画。エイミー・ポーラー(声)主演。ライリーを幸せにするために彼女の頭の中に存在する感情たちはいつも奮闘していたが、都会への引っ越しを機に今までのやり方では対処しきれない事態に遭遇してしまう、と
  • 平穏な日常
  • ルウム会戦で思ったこと
  • 前回の続き。9月初旬のある休日、京都・新京極の映画館へ行った話である。0800時過ぎに映画館に到着。この時間で既に長い行列。しかし、これは映画館開場と同時にグッズを買いたい客の行列で、俺のように映画観賞のみの客の列は短かった。今回観る映画は「機動戦士ガンダ
  • つくぶすま68の備忘ログ
  • 「エイリアン コヴェナント」
  • 今朝は、雨が降っていたので、先にちゃりで、西大路八条の「若一神社」に水汲みに行った・・・。若一神社は、境内の雰囲気が薄暗く、やぶ蚊も多いので、ちょっと気が引けるのだが、何せ、うちから一番近い距離にあるし、何とか、「お馴染み」になって欲しい神社なのであるd(^
  • 新しゅ〜るな観察ラン日記
  • 『わたしたち』とABCDE理論
  • 「出来事そのもの」から怒りや悲しみといった感情が生まれる、という認識は短絡的だ。この作品を通して気付かされることは、「出来事に対する解釈」によって世界が変わり行動も変わってくるということだ。「成長する」ということはそういうことだ。大人と子供の境界はその気づ
  • アクト・オブ・リーディング(映画カテゴリー)
  • No.338【エイトレンジャー】
  •  評価:80点/公開:2012年/邦画/ジャンル:青春/監督:堤幸彦 ジャニーズ事務所の関ジャニ∞が総出演する、青春ヒーロー映画。 主演は、関ジャニ∞全員であるが、最もメインの人物は、横山裕の演じる、横峯誠=ブラックである。 本作は、渋谷すばるが、渋沢薫=レッド
  • 『正義』と『平和』
  • マイノリティ・リポート もうSFではないかも
  • スティーヴン・スピルバーグ監督トム・クルーズ主演映画「マイノリティ・リポート」原作はフィリップ・K・ディックの短編小説「マイノリティ・リポート」2002年公開の映画で、そこに描かれた近未来の世界はもうすぐそこ、一部はもう現実となっていて、未来予知半端ない。
  • miaou de chat
  • ---
  • ---
  • ---
  • 時を遡らなくても懐かしい…ということ
  • 「かもめ食堂」、「めがね」と来て「プール」。小林聡美ともたいまさこというキャストもあって、いずれも似たようなテイストでもあらんかと思っていたところがいちばん「?」だったのが「プール」だったかなと。それだけにストーリーさえよく覚えてはおらなかったものですから
  • 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえ